1. TOP
  2. デキる男とは
  3. 「どうせ無理!」を変える!4つのメンタルトレーニング方法

「どうせ無理!」を変える!4つのメンタルトレーニング方法

メンタルトレーニング

「メンタルトレーニング」…あなたはこの言葉をご存知ですか?

仕事をしていると失敗することもあります…小さなことに引っかかってクヨクヨしてしまうことだってありますよね?

心が弱っているときほど、周りの人が順調に見えてきたり…

ますます「自分はダメな人間だ」「どうせ無理!」などと “ 自己否定 ” してしまうことも…

誰にだってそういう時はあります…うまくいかないことが続くことだってあります。

デキる男はメンタルをトレーニングし、コントロールしているのです!

そんな「メンタルを鍛える方法=メンタルトレーニング」を今回はご紹介いたします。

今から変われる!メンタルトレーニング

メンタルトレーニング

1.「自分」を受け入れる

まず大切なのは…

その現状を「認識すること…受け止めること」が大切です。

ただやみくもにマイナス思考になったり、自分を責めるのではなく…

自分に足りなかったものは何か…?

どんなところが失敗につながったのか?

を見つめ直してみましょう。

① 自己否定しない

自分はダメだ…。と思っているときに…

「そんなことはない。努力すればできる!」

と感情を無理に押し殺すようなことをしてはいけません!

今、感じている感情を否定すると、それがストレスとなり、根本的な解決をしていない中での次の行動はパフォーマンスの低下へとつながります。

まずは今感じている「ダメ」な感情を素直に受け入れ…

思考の中でも、納得することが第一です。

② 自分の不足点を把握する

では、自分の何がダメだったのか?

この問いかけはつい避けてしまいがちですが、次に同じことで失敗しないためには…

今回、自分に足りない点を把握・自覚することが重要です。

自分のどんな点が失敗につながったのかを改めて考えることで、解決への道が開けるのです。

【注意点】

ここで、自分自身のすべてを否定することはNGです。

注目すべきは「今回」という部分!今回の失敗や、ミスの原因を追求し解決することが大切です。

そこから発展して、あれもこれも…と考えが浮かんでくることもあるでしょうが…

今回 にだけ着目して問いかけるようにしてくださいね!

 

2.負の気持ちにストップをかける

マイナスのイメージは、さらにマイナスのイメージを引き寄せ、二次的なミスを誘発します。

一度この渦に巻き込まれてしまうと、気持ちを切り替えるのが難しくなりますが、意外と簡単な方法でこのスパイラルから抜け出せます。

① 言語暗示

肯定的・積極的な言葉を口に出す「言語暗示」は自己暗示方法の中でも最も簡単なものです。

行動のつなぎ目…例えば朝、玄関を出るときに…

「よし、行こうか!」「大丈夫だ!」と口に出して言う。

一つの仕事から次の仕事に移るときや、トイレに立った時でもタイミングとしては◎。

口に出すのが恥ずかしい状況の時は、心でつぶやくだけでも大丈夫です。

メンタルトレーニング

 【言語暗示のメカニズム】

顔の筋肉は簡単に言うと

● 意図的に動かす筋肉

● 自分の意思とは関係なく動く筋肉

の2種類があります。

「意図的に動かす」というのは、噛む、しゃべる、ウィンクをする…などの時に使う筋肉。

また「自分の意思とは関係なく」というのは、まばたきや呼吸など、肺や心臓などのように、勝手に動いている筋肉のことを指します。

腕や足などは、意図的に動かす筋肉がほとんどで、逆に内臓などは意思とは関係なく動く筋肉が多くを占めています。

顔の占める筋肉はだいたい半分半分…

脳が感じた信号は顔の表情に出やすく…

  • 不機嫌そうな顔をしている…
  • ニヤけてしまう…
  • うれしそうな顔…

などは、意思とは関係ない筋肉が働いて、そのような表情を作り出しています。

しかし…

この脳は騙すことができるのです!

例えば…とても疲れている時、「よし!やるぞ!」と本心とは真逆のことを口に出すと…

ツラい時に「はぁ~幸せ!」と、こちらも真逆のことを言うと…

不思議なことに、やる気が出たり、徐々に幸せな気持ちになってきます。(これは実際に試してみてください)

メカニズムとしては…

意図的に声に出すことで口の筋肉が動き、「し・あ・わ・せ」という口の動きを脳がインプットしているため…

脳が「あれ?もしかして、今、幸せな気持ちなんじゃぁ~…」といった具合に、誤作動を起こし、実際にその気持ちになってくる…というカラクリです。

『言霊(ことだま)』という言葉があるように、口に出すとそれが実現する…

だから悪い言葉や人の悪口などは口にしない!

これはこのメカニズムからできているのかもしれませんね?

② 紙に書く

先ほど把握した自分の不足点や、失敗した理由…。

どうすれば解決するのかなどを、実際に紙に書いてみるのも効果的です。

より客観的に自分や出来事を見つめることができ、一人で考え込むよりも、落ち着いて解決策を見い出せるはずです。

3.自分がコントロールできないことを理解する

メンタルトレーニング

失敗やミスは自分の責任だけではないケースも少なくありません。

しかし、自分でコントロールできることは、意外と少ないものです。

そのことを理解しないで突き進もうとしても、すぐに壁に突き当たってしまい…

結局はまた責任の矛先が自分に舞い戻ってきてしまいます。

① 他人は変えられない

他人を変えることほど難しいことはありません!

相当な労力がかかり、空回りして余計に疲れるだけではなく、挫折感まで味わってしまうこともあります。

また誰が悪いと人のせいにしていても、根本的な解決にはならず何も変わりません。

その人はそういう人…このグループはそういうグループ…。

などのように、一度そう割り切ってからその中で解決策を探す方がスムーズです。

② 自分の感情もコントロールできない

先ほど紹介した通り…

無理に今の自分の感情を押さえつけたとしても、それはただストレスになるだけです!

それはコントロールしていることとは少し違います。

無理に感情を押さえつけることなく、一度自分で受け入れることで、無理せず納得のいく行動を導き出すことができます。

③ 過去は変えられない

もう過ぎてしまったことをクヨクヨしてしまう…。

それはよくあることですが、「過ぎ去る」と書いて、「過去」です。変えることはできません。

そんな過去について、考え過ぎるのははっきり言って時間のムダです!

しかし、その過去の経験から得られることもあります…

  • なぜ失敗したのか?という原因
  • その失敗に対する対策・対応について

「反省」は必要なことです!

「反省」という字は「省みる…の反対」

つまり、「前に進む」という意味が込められており、「過去」に囚われている…のとはまったく別物です。

過去に囚われてしまうと、次へなかなか進めません。

必要な情報のみ抽出して、考えるようにしましょう。

4.自分がコントロールできることに目を向ける

先ほどはコントロールできないものを紹介しましたが、今度はコントロールできるもの!

それは…

① 自分の行動はコントロールできる

では、何をコントロールするかというと「次、何をやるか」という自分の行動です!

あれもダメ…これもダメ…とダメな点ばかりを探すのではなく、「これはダメだけど、これならできる」という点を探してみましょう。

最近SNSなどで有名になった「TED×Sapporo」の講演会で、株式会社 植松電機の植松 努さんの言葉にステキなフレーズがあります。

「どうせ無理!」を…「だったらこうしてみたら?」に変えると、夢は叶う

 

というフレーズがありました。

この講演会では「どうせ無理!」と言ったのは教師でしたが、これは自分自身にも当てはまることです。

自分になんてどうせ無理だ…自分があの人に営業成績で勝てるはずがない…などなど…

確かに、現段階では難しい点は多々あるかもしれません。しかし、もしも自分の後輩や、友達だったら…「どうせ無理だ!」と突き放せますか?

このように自分自身のことも突き放さず、「だったらこうしてみたら?」と、一度奮起してみてはいかがでしょう?

参考動画

17万人の日本人が「いいね!」した
〝TED×Sapporo
株式会社植松電機 植松 努”

② 身近な目標を立てる

まずはどんなことでも構いません。

身近な目標を立て、その目標をクリアし続けることで…

大小関わらず達成感となり、モチベーションにつながり、結果が少しずつ変わってくるはずです。

例えば「自分はあがり症だから人前で上手に話せない」という事がわかっているなら…

自分はあがり症だから人前で上手に話すのは無理だけど、できるだけ大きな声で話そう…

聞いてもらう側全員ではなく、たった1人だけでも納得してもらおう など…

とにかくちょっと頑張ればできそうな目標を立てることです。

そこから徐々にレベルアップしていくことで、できることが増え、結果的には「自信」につながります!

まとめ

いかがでしたか?

メンタルトレーニングとは、瞑想や座禅…のようなものではなく…

自分がマイナス状態になった時からの脱却方法をいくつ実践できているか?

また…

マイナス状態にならないために、うまく自分をコントロールできる術を知っているか?

ということです。

デキる男に多趣味の方が多いのは、そんな自分とうまく向き合ってメンタルをコントロールしているのかもしれませんね!

失敗すること…できないことがダメなのではなく…

そこから自分を如何に盛り上げていくことができるかどうか…

というところで、人としての強さが生まれるのかもしれません。

少しでも思い当たるところがある方は、是非このメンタルトレーニング方法を試してみてください!

 

~こんな記事も人気です~

 

[美デキ男子 編集部より]

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。
スマホでご覧の方は、これより下にスクロールしていただくと…
他にも「おすすめの関連記事」「人気ランキング」…また「注目記事」等が一覧(リスト)でご覧いただけます。
薄毛やスキンケアだけでなく、脱毛やサプリメントの情報、モテる男の条件など…
『モテる』『デキる』男になるための参考記事をたくさんご用意しておりますので、通勤時間やお昼休憩、おやすみ前の空いている時間等に、是非ともご覧くださいませ。
※ PCでの閲覧の場合は右サイドバーをご覧ください。

コメントを残す

*

*