1. TOP
  2. 頭皮環境を整える!正しいシャンプーのやり方【7つのポイント】

頭皮環境を整える!正しいシャンプーのやり方【7つのポイント】

 2017/07/14 頭皮ケア   187 Views
シャンプー やり方

思い起こしてみれば…

「シャンプーのやり方」って、誰かにちゃんと教わったこと…ありますか?

「歯磨き」であれば、歯医者さんが教えてくれます。

しかし、シャンプーの場合…

ほとんどの方が「独自のやり方」でやってしまっているのが現状ではないでしょうか?

今のやり方が…頭皮環境にも、育毛にも良くない!ということも知らずに…。

と、少し怖い言い方になってしまいましたが…笑

シャンプーは毎日することです!

数年後の頭皮環境のためにも、今のうちに正しいやり方を覚えておきましょう。

頭皮環境を整える!正しいシャンプーのやり方【7つのポイント】

シャンプー やり方

まず第一に…

頭皮に余計な刺激を与えることなく、「頭皮にやさしい」シャンプーをする

これが「育毛環境」を整える真の秘訣です!

美容師やAGAクリニックの看護師も推奨する…

正しいシャンプーのやり方を1つ1つ見ていくことにしましょう!

1.丁寧なブラッシング

ブラッシングというと女性のイメージかもしれませんが…

髪の長さに関わらず…メンズ(男性)の場合も…

シャンプー前にしっかりと頭皮から髪にかけてブラッシングをしておきましょう!

ブラッシングすることで、頭皮のマッサージ(血行促進)にもなりますし…

これだけで髪の毛や頭皮に付いた、ホコリや汚れを落とすことができます!

また、ブラシはできれば動物の毛を使ったものを選びましょう。

ナイロン製のものだと、静電気などが起きやすく、頭皮を傷つけたり髪の毛が痛む原因になったりもします。

NGなやり方
決してブラッシングでは頭皮や髪をガシガシやらないこと!髪の流れに沿って「やさしく、やさしく」が基本です。

2.ぬるま湯でしっかりすすぎ

シャンプー やり方

次に注意したいのが、シャンプー前のすすぎ。

32~35℃くらいのお湯で、丁寧に頭皮全体をたっぷりと濡らしましょう!

お湯には洗浄力があるって知っていましたか?

実はお湯自体にも「洗浄力」があり…

数分間しっかりと「すすぐ」だけで、頭皮の脂分は約80%は落ちるとも言われています。

普段シャワーや入浴で使うお湯は40℃以上の方が多いようですが…

その温度では逆に洗浄力が強すぎて、必要な皮脂まで落としてしまいます。

頭皮をすすぐ際は、できるだけ32~35℃くらいのぬるま湯で、頭皮を揉むようにしながらすすいでください。

育毛Point

「すすぎ」などでお湯が頭皮を温めている数分の間に…

頭皮を動かすようにマッサージ!

より血行促進につながり…

結果、育毛環境が整ってきます。

3.いきなりのシャンプーはNG

シャンプー やり方

シャンプー剤を手に取ったら、まずは…

両手でよく泡立てること!

洗顔用の泡立てネットなどを使うのも効果的な方法です。

実は、直接髪に付けてそこで泡立てると…摩擦や静電気により、頭皮に与える刺激が大きくなってしまいます。

薄毛が気になっている方であれば、特に注意が必要です。

頭皮には毎日生え変わっている「赤ちゃん毛」がたくさん!

「赤ちゃん毛」にとって一番の天敵が…「刺激と摩擦」です。

まずは、手の上でしっかりと泡立てて…

その泡で地肌を洗うように…指の腹を使って揉むように…やさしく、やさしく洗ってください。

イメージは「毛穴の汚れを揉んで浮かせる」感じです。

育毛Point

成分としての刺激を与えないためにも…

薄毛や抜け毛でお悩みの方は特に…

頭皮にやさしい「天然植物系」のシャンプー

をおすすめいたします!

4.すすぎは念入りに

シャンプー やり方

頭皮がキレイになったら、またぬるま湯でしっかりめにすすぎます。

ここで注意したいのは…

シャンプー剤が頭皮や髪に残さないこと

シャンプーの残留物が原因となり、頭皮の湿疹や乾燥など…

別の頭皮トラブルになりかねません!

ここもまた、35℃くらいのぬるま湯を使うことがポイントです。

普段よりも「1分長く」すすぐくらいのイメージですすぐように心掛けてみてください。

5.自然乾燥が一番の天敵

あーサッパリした!

と、これで終わりではありません。

最後までドライヤーできちんと乾かしましょう!

髪は濡れている時が一番弱くなる状態です。

まずはタオルでゴシゴシ髪を擦らず、やさしく押さえるようにして…タオルに水分を吸い取らせるように拭いてください。

何度も言いますが、今は髪の毛が一番傷つきやすい状態。

ここで擦ると、髪が傷んだり…

今まで大切にしてきた「赤ちゃん毛」が静電気などで抜けていったりしてしまいます。

ボリュームが欲しい方は

根元にボリュームが欲しい方は…

思いっきり下を向きながら、根元にドライヤーの風を送り…

根元から起き上がらせるように乾かすとボリュームが出ます。

あとは体を起こして、いらないボリュームを抑えるだけ!

6.シャンプーのベストタイミングは?

シャンプー やり方

寝る子は育つ!ということわざがあるように…

実は「髪」も、寝ている時間が一番伸びています!

つまり、シャンプーのゴールデンタイムは…

就寝の数時間前がベスト

頭皮をキレイな状態にして、きれいに乾かした上で就寝しましょう。

もちろん、頭皮が汚れたままだと毛穴が皮脂や汚れでフタをされた状態で寝てしまうことになります。

そうなると、キレイな状態よりも皮膚呼吸が少なくなり…

せっかくの「髪が育つ(育毛の)チャンス」を逃すことになってしまいますよね?

朝シャン派の方や、お風呂から寝るまでの間の時間が長い方は…

是非、就寝前を意識してシャンプーしてみてください。

7.トリートメントの種類

え?トリートメントは?

という声も聞こえてきそうですので…

補足として「リンス・コンディショナー・トリートメント」についても解説しておきましょう。

まず…これら3つの違いですが…

✅ リンス

油分によって髪に膜(まく)を張り、髪をコーティングする役割

✅ コンディショナー

髪の油分・水分を調整する調整剤としての役割

✅ トリートメント

髪の内部にまで栄養分を浸透させ、髪を内側から補修する役割

と、三者三様の特徴や役割がありますが…

この中で、「頭皮」という言葉は出てきませんでしたよね?

そう、シャンプー以外のものは基本的に、頭皮にはあまり影響を与えません。

つまり、「育毛」という観点からはあまり関係のない行程なのです!

逆に言えば、油分を多く含んでいるものも多く、決して頭皮には良いものではありません。

もちろん、リンス・コンディショナー・トリートメントなどをシャンプー後に使用することに問題はありませんが…

頭皮には付ける必要はありませんし…

シャンプー以上に「すすぎ」を重視することを忘れないでください!

シャンプー やり方

  あのヌルヌル感…実は…

トリートメントやリンスを流す際に…

ヌルヌルした感触はありませんか?

実はそのヌルヌルが油分なのです。

これを全部落としてしまうとせっかくの成分が…

と流すのを躊躇い(ためらい)がちですが…ご安心を!

実は、このヌルヌルを完全に流してしまっても、しっかりと成分は髪に付着しています!

特にトリートメントなどは「イオン結合」という、水やお湯では切り離せない結合によって髪を保護しますので…

しっかりとすすいでも髪への栄養などに影響はありません!

トリートメント後などは、安心して余計な油分が残らないようにしっかりと流してください。

まとめ

いかがでしたか?

どれか1つでも、間違った方法をしてしまっているなら…

これを機に、シャンプーのやり方を見直しても良いかもしれませんね?

もちろん、今のやり方よりも手間のかかることもあります!

しかし、日頃から意識しているのと…まったく知らないまま過ごすのと…

それだけで大きな差となることでしょう!

もちろん、シャンプーのやり方だけでなく…

頭皮にやさしいシャンプーや、コンプレックスに合ったシャンプーを使うことも重要なポイントです!

最後に関連記事》としてご紹介していますので…

是非そちらからシャンプーもチェックしてみてくださいね。

♪ おさらい ♪

普段から何気なくしているシャンプーですが…

実は、このシャンプーの方法1つで「育毛するかどうか…」「抜け毛が減るかどうか…」は変わってきます。

健康な髪の毛が育つ上での「天敵」は…

  • 40℃以の熱いお湯
  • 石油系シャンプー成分による強い刺激
  • 手や爪などによる強い刺激
  • シャンプー・トリートメントなどの残留物
  • タオルなどの静電気
  • 濡れたままの状態
  • 過度な乾燥

育毛のためにもこれら【赤字】はNGです!

 

関連記事

プロの美容家もおすすめ!正しいメンズシャンプーの選び方

コメントを残す

*

*

関連記事

  • チャップアップシャンプーの使用感と他メンズシャンプーとの比較

  • プレミアムブラックシャンプーの特徴と購入体験記

  • 7つの「抜け毛予防・対策」とプロ推奨おすすめスカルプシャンプー

  • 頭皮の湿疹・脂漏性皮膚炎…4つの原因とおすすめ抗菌シャンプー

  • 20代から始める育毛対策!育毛のことはプロに聞け!

  • 発毛促進には「キャピキシル配合」育毛剤!その効果と3つの理由