1. TOP
  2. 紫外線が与える薄毛への影響と…その先にある脱毛症の恐れ
思春期ニキビ~大人ニキビまで…1日でも早くニキビから解放されたい方のための『ニキビ対策の永久保存版』
☞【皮膚科医推奨】ニキビ・ニキビ跡を治すなら~おすすめの治し方全集

紫外線が与える薄毛への影響と…その先にある脱毛症の恐れ

 2015/08/14 頭皮ケア   457 Views
紫外線 薄毛

薄毛・脱毛症の原因…

「血行不良」や「男性ホルモン」、「遺伝」の関係などが先決して…意外とあまり気にされていないのが…この…

紫外線

日焼けなどがシミになったり、皮膚炎を起こしたり…皮膚にも様々な悪影響を与える紫外線が…

頭皮だけ何もない…なんてことはありえません!

しかも、頭皮は他の皮膚よりも太陽に近い場所にあります。

日焼けするとき…鼻の上…肩…おでこ…など、出っ張っている箇所から焼けますよね?

髪の毛があるとは言え、頭皮が一番紫外線を受けているのです…。

今回は、紫外線が与える薄毛への影響と、その先にある脱毛症の恐れを紹介していきます。

季節に関係なく、脱毛症の原因となる紫外線は出ています。

今のうちから「紫外線対策」をして、薄毛予防・対策を始めていきましょう!

紫外線が与える薄毛への影響

紫外線 薄毛

1.頭皮も老化現象を引き起こす

頭皮の「光老化」

という言葉を聞いたことはありますか?読んで字のごとく…

光(紫外線)が頭皮を酸化させ、老化を進行させる。

という現象で、紫外線が頭皮の奥まで入り込み、ジワジワと細胞を壊していきます。

頭皮の老化なので、実年齢とは関係なく、皮膚だけ老化現象を起こします。

冒頭でも紹介したように、頭皮こそがもっとも光老化が起きやすい場所ですが、なかなかその危機感を感じている方は少ないようです。

2.細胞を壊すだけじゃない

頭皮には、皮脂腺や汗腺が他の皮膚よりも多く、髪の毛がある分、バリア機能や保湿性は意外と低いのです。

人間の保護機能は、頭皮よりも、髪の毛を守ることを優先しますので…

頭皮から分泌される皮脂や分泌物は、結果的に、髪を守るために生成されています。

紫外線などで頭皮が劣化していくと、その分泌量が多すぎたり、悪玉の皮脂が出たりするため…

これらが毛根に詰まって薄毛・抜け毛の原因となったりします。

3.日焼けの皮めくれにも注意

髪の毛が短かったり、薄かったりすると…その分、頭皮や皮膚が隠れません。

海やプールなどで、急な日焼けをしたときと同じように、頭皮も日焼けによって皮がめくれてきます。

これは、紫外線と過剰な温度によって皮膚が死に、新しい皮膚を無理やり作っているために起こる「人間の脱皮」です。

一見、新陳代謝として良いイメージがあるかもしれませんが…

皮膚にとっては単なる…

ストレス

決して、肌に良いものではありませんし…薄毛、抜け毛予防の観点から…

過度な日焼けには注意が必要です!

紫外線から頭皮を守る3つの対策

紫外線 薄毛

1.帽子のメリット・デメリット

男性の場合…紫外線から頭皮を守る方法として、まず始めに思い付くのが…

帽子

しかし暑い時期の帽子や、長時間の帽子には良いイメージはありません…

実際のところ、どうなんでしょうか?

シンプルな話…

紫外線から守る vs 帽子での蒸れ

を比べたときに、何よりも優先するべきことは…

紫外線から頭皮を守ることです!

帽子で蒸れると、頭皮に良くない…という情報は、決して蒸れることが悪い訳ではありません。

その後に、キッチリとケアしていれば特に問題はないのです。

蒸れにより湿度も上がり、換気ができないので温度も保温されてしまうと、悪い雑菌が増え、頭皮に悪影響が出るのでは…と思われがちです。

が…1日の終わりに頭皮をしっかりと洗い流し、清潔にしていれば、特に大きなトラブルにはならないようです。

しかし、長時間の帽子は、繊維の摩擦や、湿気の多さによるかゆみ・炎症などを起こす可能性がゼロではありません。

定期的に通気・換気はするように心がけましょう!

また、その日にかぶった帽子は、その日に洗濯したり…また、防菌スプレーなどで清潔にしておくこともお忘れなく!

2.頭皮にも日焼け止めを!

腕や顔などに、日焼け止めを塗る…

というのは今では当たり前ですが、実は頭皮にも使える日焼け止めがあることをご存知でしたか?

もちろん、その日焼け止めをするのと、しないのとでは、紫外線から守る…という点では格段に違ってきます!

しかし、日焼け止めを使用した場合に気をつけなければならない点が…それは…

日焼け止めは、その日の内にキッチリと落とすこと!

だいたいの日焼け止めには…

「紫外線吸収剤」と、「紫外線散乱剤」の2種類があり、どちらも決して皮膚に良いものではありません。

ほとんどのものが石油由来の合成化学成分を使用しています…

紫外線から頭皮を守っても、石油由来に頭皮がやられては意味がないので、その日にしっかりと洗い流すようにしましょう!

3.勇気を出して日傘を使おう

仕事がら、帽子はかぶれない…

日焼け止めもしているけど、なんだか信用できない…

という方は、勇気を出して…

日傘を使ってみてください!

帽子と比べても通気性もありますし、日陰になる分、体感温度は-5~7℃くらいあるそうです。

一説によると、頭皮が受ける紫外線の量は、顔の2~3倍以上…

まだ世間では、「男性=日傘」というイメージがあまりない分、若干抵抗があるとは思います。

が…

外回りのビジネスマンなどは、長時間外に晒される訳ですから…

人目よりも、頭皮を守る

という判断でも損はないと思いますよ!

紫外線ダメージから回復!3つの頭皮ケア

紫外線 薄毛

先程紹介した対策でも…

実際、外に長時間いると、完全に紫外線から頭皮を守ることは難しいですよね?

紫外線を浴びてしまったら…

せめて紫外線でダメージを受けた頭皮が、正常な状態に回復できるように、頭皮のケアをしていきましょう。

1.頭皮を冷やそう

まず、頭皮が紫外線や日焼けなどでダメージを受けてしまったら…

真っ先に、頭皮を冷やしてあげましょう!

「日焼け=ヤケド」です。

ヤケドをしたときと同じ処置・対処をしてください。

しかし、頭皮以外のヤケド患部と違い、髪の毛が邪魔をする場合がほとんどですので…

冷えピタを貼る…のような対処はしにくいと思います。

氷水などをビニールに入れ、直接患部には当たらないように、タオルなどで覆って冷やしてくださいね!

2.保湿のケアも忘れずに!

日焼けした後の頭皮…実は、非常に…

乾燥している状態なのです!

頭皮湿疹の原因で、一番の要因はこの「乾燥」

皮脂やホルモンバランスが崩れ、頭皮が乾燥してくれると、頭皮を守るバリアが無くなるため雑菌の温床に…

抜け毛や薄毛を発症、進行させてしまう恐れがありますので保湿ケアが必要です。

対処法は顔のケアと同じ!

化粧水を顔の延長で頭皮にも塗布すればいいだけです。

日焼けで痛みやかゆみが残っている場合は、抗炎症成分配合の化粧水をオススメします。

3.頭皮を内部から保護する

日焼けした頭皮を回復させるには…

栄養バランスもとても重要なポイントです。

特に「ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンE」は、血行改善や新陳代謝を促し、皮膚の生成には不可欠な栄養素です。

~頭皮に良い栄養価の高い食物~

◆ ビタミンAの多い食品:レバー(牛・豚・鶏)、ホイップクリーム、チーズ、卵(黄身)など

◆ ビタミンB群の多い食品:豚肉、卵、マグロ、バナナ、牛乳、小松菜、納豆など

◆ ビタミンEの多い食品:すじこ、明太子、いくら、うなぎ、あん肝、海苔など

まとめ

頭皮の紫外線対策…いかがでしたか?

日焼けなどで、頭皮に痛みがあるなどのひどい症状の場合は…

冷やすことを最優先し、シャワーのみで軽く流す程度にして、シャンプーはなるべく使用しないでくださいね。

もちろん、スタイリング剤などの使用もNGです!

紫外線対策を怠り、結果的に脱毛症が進行してからでは…

もう自宅では治せません…。

自宅ケアのレベルに止めておくには、日頃からの紫外線・薄毛ケアが必要です!

他の記事でも再三紹介してきましたが…

頭皮=デリケートな場所

ですから、顔や見える箇所だけを意識するのではなく、頭皮にも紫外線対策を忘れないようにしてくださいね。

 

[美デキ男子 編集部より]

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます。
スマホでご覧の方は、これより下にスクロールしていただくと…
「おすすめの関連記事」「人気ランキング」…また「注目記事」等が一覧(リスト)でご覧いただけます。
薄毛やスキンケアだけでなく、脱毛やサプリメントの情報、モテる男の条件など…
『モテる』『デキる』男になるための参考記事をたくさんご用意しておりますので、通勤時間やお昼休憩、おやすみ前の空いている時間等に、是非ともご覧くださいませ。
※ PCでの閲覧の場合は右サイドバーをご覧ください。

コメントを残す

*

*

関連記事

  • 頭皮環境を整えるシャンプー&頭皮湿疹・頭皮ニキビの知識【まとめ】

  • 育毛剤は薄毛に効果あり!育毛剤の効果をより発揮する9つの併用ケア

  • AGAクリニックのナースがこっそり教えてくれた!今、もっとも効果が期待できる育毛剤とは?

  • プロの美容家もおすすめ!正しいメンズシャンプーの選び方

  • 頭皮の湿疹・脂漏性皮膚炎…4つの原因とおすすめ抗菌シャンプー

  • 「AGA治療」に進む前に…最後に試すべき4つの薄毛対策