429
Too Many Requests

褦ȤڡɽǤޤǤ

Υ顼ϡ¿ΥꥯȤäȤ̣ޤ
֤֤ƺ٥Ƥ

ʲΤ褦ʸͤޤ

  • ִṲ̄Webä
  • ץˤ̤ΥꥯȤȯ
.main-color,.hover-color:hover {color: rgba(221, 153, 51, 1);}#ez-toc-container, #ez-toc-container .ez-toc-title-container, .ez-toc-list li, #toc_container, #toc_container .toc_title, .toc_list li {border-color: rgba(221, 153, 51,.3);color: rgba(221, 153, 51,1);}a:hover, .content-post a, .calendar_wrap a {color: rgba(0, 102, 192, 1);}#page-top-menu {background: rgba(221, 153, 51, 1);}#left-icon-area i {color: rgba(255, 255, 255, 1);}#left-icon-area i:hover {color: #e7cb00;}#header-searchbox-area input[type="text"] {background: rgba(255, 255, 255, 1);}#header-searchbox-area input[type="text"] {color: rgba(214, 78, 0, 1);}#header-searchbox-area button {background: rgba(221, 153, 51, 1);}.top-related-article-list-button a, .related-article-list-sp-button {color: rgba(255, 255, 255, 1);background: rgba(221, 153, 51, 1);}.article-type-list .related-article-list a:after {background: #dd9933;}.article-type-list .related-article-list a:before {background: #dd9933;}#sidebar-searchbox-area form, #sidebar form, .search-form {border-color: rgba(221, 153, 51, 1);}#sidebar-searchbox-area button, #sidebar form button, .search-form button {color: rgba(221, 153, 51, 1);}#sidebar .sidebar-head {color: rgba(221, 153, 51, 1);}#global-header, #sp-sub-navigation-wrap, #global-navigation .sub-menu {background: #ffffff;}#site-id a {color: rgba(252, 96, 130, 1);}#global-navigation li a {color: rgba(0, 0, 0, 1);}.cls-1 {fill: rgba(0, 0, 0, 1);}.hover-boderbottom-color {border-bottom: 2px solid rgba(255,255,255,0);}.hover-boderbottom-color:hover {border-bottom: 2px solid rgba(226, 92, 52, 1);}#sp-navigation-content-wrap {background: rgba(0, 0, 0, 1);}.sp-navigation-head {color: rgba(0, 0, 0, 1);background: #dd9933;}#sp-searchbox-area button {background: rgba(221, 153, 51, .5);}#sp-navigation-content-wrap .related-article-list-date,.sp-navigation-related-list a, .widget-inner-spmenu a,#sp-icon-area li a {color: #dd9933;}#sp-searchbox-area input {background: rgba(221, 153, 51, .3);}#one-column,#two-column {background: rgba(247, 224, 197, 1);}#main,.sidebar-widget {background: rgba(255, 255, 255, 1);}#breadcrumbs li a {}.content-post h2 {color: rgba(255, 255, 255, 1);}.content-post h2 {background: url(https://bideki-danshi.com/wp-content/themes/shaper/img/headline-shadow-white.png) no-repeat left top rgba(221, 153, 51, 1);}.content-post h3 {border-color: rgba(221, 153, 51, 1);}.content-post h4 {border-color: rgba(221, 153, 51, 1);}.post-categories li a, .related-article-list-category .inner, #copy-btn, #pagenate a, .sp-sub-navigation-menu-list a {color: rgba(255, 255, 255, 1);background: rgba(221, 153, 51, 1);}.post-categories li a:hover, #copy-btn:hover, #pagenate a:hover {color: rgba(255, 255, 255, 1);background: rgba(221, 153, 51, 1);}.tagcloud a:hover, .post-author-list-btn a, .authors-list .post-author-list-btn a, #comment-submit, input[type="submit"], .continue-button a {color: rgba(255, 255, 255, 1);border-color: rgba(221, 153, 51, 1);;background: rgba(221, 153, 51, 1);}.tagcloud a, .post-author-list-btn a:hover, .authors-list .post-author-list-btn a:hover, #comment-submit:hover, input[type="submit"]:hover, .continue-button a:hover {color: rgba(221, 153, 51, 1);background: rgba(221, 153, 51, 0);}.comment-list-txt {background: rgba(255, 255, 255, 1);}.content-post hr {border-color: rgba(221, 153, 51, 1);}.pnavi-prev-icon,.pnavi-next-icon {color: rgba(221, 153, 51, 1);}.related-article-list-head,.archive-related-article-list-head {color: rgba(224, 109, 51, 1);border-bottom-color: rgba(224, 109, 51, 1);}.related-article-list-head:after {background: rgba(224, 109, 51, 1);}#related-article-list-wrap {background: rgba(255, 255, 255, 1);}.aside-head {color: rgba(255, 255, 255, 1);}.related-article-list-head.aside-head:after {background: rgba(255, 255, 255, 1);}.related-article-list-eyecatch:before {border-color: rgba(221, 153, 51, 1) transparent transparent transparent;}#top-btn a {border-color: rgba(221, 153, 51, 1);color: rgba(221, 153, 51, 1);}#top-btn a {background: rgba(255, 255, 255, 1);}#global-footer {background: rgba(221, 153, 51, 1);}.footer-menu-title {color: rgba(255, 255, 255, 1);}#global-footer-menu li a, #global-footer-menu .footer-info-area p.footer-info {color: rgba(0, 0, 0, 1);}#global-footer-menu .footer-info-area .footer-info-sitetitle {color: rgba(252, 96, 130, 1);}#global-footer-info-area {color: rgba(255, 255, 255, 1);background: rgba(221, 153, 51, 1);}

【実録】モテたい男子必見!モテる男がやっている6つの秘訣・共通点

モテる男 秘訣

あなたは日頃から…

  • 「モテたいな~」
  • 「モテる男はうらやましいな~」

などと、ブツブツ言っていませんか?笑

それなら、今回ご紹介する6つの秘訣のうち、1つはクリアできる男になりましょう!

というのも…

当「美デキ男子」編集者の一人である私は、元大手美容メーカーに勤めておりました。

そこの会社は7割が女性社員…。

良く言えば「ハーレム」ですが、悪く言えば、毎日が「修羅場」です。

しかしその中でも、残り3割の男性の中でハーレム状態を作り出していた社員が何人かいました。

そんなモテ男を横目に…今の私がいる訳です。(笑)

そんな彼らを毎日見ていると、全員に共通点があり、やはりモテるだけの要素がいくつもあることに気付かされたのです。

今回はその共通点を踏まえた上で、モテたい男子が「モテる秘訣」を6つ…

個人的な意見も踏まえるので、【実録】ブログ風にご紹介いたします。

これで、あなたの職場での地位・コンパや日常での女性からの支持は必ず変わってくるはずですので…

早速、1つずつ見ていくことにしましょう。

6つの「モテる男の秘訣・共通点」とは?

31788964_m-1-600x428 【実録】モテたい男子必見!モテる男がやっている6つの秘訣・共通点

モテる人の共通点…

と言っても、ネットやSNSなどで既に掲載されている情報はもう見飽きていると思います…

そんなあなたのためにも今回は、私なりの経験や目線で得た、「生きた情報」をお伝えしていきましょう。

まず、私が見てきたモテ男の共通点とは…

【モテる男の秘訣・共通点】

1.○○がそれなりにちゃんとしている

2.○○が良い

3.○○がデキる

4.(女性社員からだけでなく)○○からも支持されている

5.長く付き合っている○○がいる

6.意外と○○

 

イジ悪な書き方をしてしまいましたが、最後までお付き合いください!

それでは、この共通点から見る「モテる秘訣」を一つ一つ解説していきますね。

モテる秘訣1.○○がそれなりにちゃんとしている

48696421_m-1-600x399 【実録】モテたい男子必見!モテる男がやっている6つの秘訣・共通点

☞「外見」がそれなりにちゃんとしている

 

ポイントは「それなり」という部分…。

モテていた男の全員が、決して男前という訳ではありませんでした。

しかし彼らの共通点は…

常に「清潔感」を大切にしていること!

しかし彼らにはとにかく、「外見への意識」は光るものがありました。

ここでもう一度言います…。

彼らは決して男前ではありません!

外見を磨くことは、誰かのためでもありながら…いわゆる、自分磨きのためでもあります。

ナルシストにまでなる必要もありませんが、自分自身を高めるためにも、今よりも高い意識を持っていきましょう!

モテる秘訣2.〇〇が良い

☞「愛想」が良い

 

これは組織に属している人や、接客業など人と関わる仕事をしているなら「鉄板」です。

しかしこの「人と関わる」のは、何も仕事だけではありません。

生きている以上、必ず誰かと関わります。しかし、世の中には無愛想な人…いますよね~…

まさか!あなたは…大丈夫ですよね!?

しかし私が特に言いたいことは…「愛想が良いとは=笑顔が素敵」という意味です。

彼らは、とにかく「笑顔が多い・かわいい・大きい」のです!

53110413_m-1-600x366 【実録】モテたい男子必見!モテる男がやっている6つの秘訣・共通点

一緒に働いていた時に、ハーレム男子社員に何気に聞いたことがあります。

普通の俺A:「なんでおまえの笑顔…そんなに爽やかなん?」(関西人なもので…)

そう聞くと、彼はこう答えましたのです…。

ハーレム男子A:「笑う練習してるからね!(笑顔)

普通の俺A:「は!?何それ!?」

ハーレム男子A:「鏡の前で、こうやって笑うんだよ!(また笑顔)

普通の俺A:「へ…へぇ~…(苦笑)ほんまかいな…」

 

このハーレム男子Aによくよく話を聞くと…

学生時代、写真写りが良くないことがコンプレックスで、彼女との2ショットで良い写真を残したいから…

という理由で、鏡の前でもモデル志望の子のように毎日笑う練習をしていたそうです。

「こいつはモテるべくしてモテている…」普通の俺Aはその時、そう確信ました。

外見の話でも触れましたが、やはりこれも意識の問題です。

コンプレックスを解消するために努力する!

将来の自分のために努力をする!

モテるには、それ相応の「白鳥のバタ足(見えない努力)」が必要なのです!

モテる秘訣3.〇〇がデキる

120_MTUwODI4X1N1cGVyQnVzaW5lc3NtYW5fRmxpZ2h0LTAx-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-600x449 【実録】モテたい男子必見!モテる男がやっている6つの秘訣・共通点

☞「仕事」がデキる

 

残念ながら、仕事がデキない人はモテません。

この場合の「仕事がデキる」というのは何も、営業成績がトップだとか、昇進が早いとか…

ごく限られた人に与えられた特権ではなく、『仕事に対してポジティブな人』を指しています。

ハーレム男子の全員が良いポジションでもなければ、成績が必ず良かった訳ではありません。

しかし、彼らはとにかく仕事中は笑顔が多く、上司に怒られても楽観的だったように思います。

それは開き直りや、仕事をなめている…のような態度ではなく、必ず次の成果へとつながっていました!

言い方を変えると…

「仕事を楽しんでいた」のかもしれませんね?

モテる秘訣4.〇〇からも支持されている

22041589_m-1-600x403 【実録】モテたい男子必見!モテる男がやっている6つの秘訣・共通点

「上司や後輩」からも支持されている

 

先程の「仕事を楽しんでいた」や「愛想が良い」にも共通していることですが…

彼らは誰からも好かれていました。

はっきり言って、彼らの悪口を聞いたことは一度もありません。

しかし、こんな偉業は自分勝手な人には到底ムリな話です。

彼らは確かに、自分のことよりも「人のことを優先」していたように思います!

ここまで来れば、「サービス精神」という分類に分けられるのかもしれませんね。

女性からモテたければ、まず身の回りの人から好かれる行動を取ること!

結果は後から付いてきます!

モテる秘訣5.〇〇がいる

22650820_m-1-600x399 【実録】モテたい男子必見!モテる男がやっている6つの秘訣・共通点

☞ 長く付き合っている「彼女」がいる

 

意外かもしれませんが、モテる男ほど…

「長く付き合っている彼女」や、早めに結婚したりしています。

しかも学生の頃から付き合っているレベルの長い長い年月を共にしている彼女が…

「モテる=チャラい」というのは…

「小金持ちになった(成金)=金遣いが荒い」と同じで、本当の金持ちは意外と「ケチ」なのです!

そう表現すると語弊がありますが、本当のお金持ちほど…堅実的で、無駄遣いをしません。

つまり、本当にモテる男ほどチャラいことはしません。

と言っても、学生の頃からモテていた人は、学生時代によく遊び…

社会人になってからモテ出した人は、本当にマジメな人が多い印象を受けます。

この点もまた…「普通の俺A」が突撃インタビューをしたことがあるので紹介します。

普通の俺A:「なんでそんなにモテんのに浮気せぇ~へんの?」

ハーレム男子B:「やっぱ浮気はダメでしょ!人として…」

普通の俺A:「彼女だけで満足なん?」

ハーレム男子B:「はっきり言って浮気している暇がないんだよね…。」

普通の俺A:「暇ねぇ~…(何だろう…この敗北感…)

 

こちらもよくよく聞けば…彼曰く…

浮気をする人は大抵、暇な人が多く、そんな人を見ていても魅力的には感じないとのこと。

そんな彼は、仕事・彼女・友人・趣味(彼の場合はフットサル)・勉強(語学の勉強)が1日の大半を占めるので、浮気をしている暇など微塵もないそうです。

なんだろう…この敗北感…(苦笑)

しかし、そんな彼から気付かされたこともあります。

やっぱりモテる人は、「自分」というものを持っている!ということですね。

モテる秘訣6.意外と〇〇

content-12-600x438 【実録】モテたい男子必見!モテる男がやっている6つの秘訣・共通点

☞ 意外と「天然キャラ」

 

こればっかりはマネできるものではないので、「番外編」的な要素は高いですが…

彼らは共通して、少しお茶目な…おっちょこちょいな部分があります。

物の名前や芸能人の名前を間違えて覚えていたり…

忘れ物が多かったり…

ご飯粒が服に付いたままお昼休憩から帰ってきたり…

まぁ~モテる人がすれば、どれも可愛く思えるのも当然ですが、同性から見ても許されるキャラの人が多いように思います。

しかし残念ながら、こんなことをいきなりマネて…「キャー可愛い!!」とはなりません…。

ここであなたに知っておいて欲しいのは…

あなたの「キャラクター」についてです!

 

  あなたは何キャラ?

37508689_m-1-600x399 【実録】モテたい男子必見!モテる男がやっている6つの秘訣・共通点

これは100%人が決めることで、なかなか自分ではコントロールできません。

つまり、誰かから見たあなたのキャラクターは、どう映っていますか?ということ。

これは人によって同じキャラクターに映る必要はありません。

上司からは「●●」なキャラだけど、女性社員からは「▼▼」…友人には「◆◆」でも良いのです。

自然体でいる人ほど、だいたい同じキャラクターで納まってきますが…

自分なりに日々努力して、人からの印象を良くしている人ほど、人からのキャラクターも違って見えるようです。

賛否両論分かれるかもしれませんが、それはそれで社会をうまく生きていく大人として…

また社会人として必要な部分なのかもしれませんね?

まぁ~どちらにせよ、彼らがモテていたことは事実ですから、否定する義務はありません。

つまり…人から見られているときの自分…これを客観視できるかが分かれ道!ということですね。

モテる男になるために大切なことは…

39420029_m-1-600x410 【実録】モテたい男子必見!モテる男がやっている6つの秘訣・共通点

最後に簡単にまとめておきましょう…。

彼女が欲しい!と嘆く前に…

「人から見た印象とキャラクター」

それを自分で判断できる「客観性」を身に付けましょう!

自分が本来どんな性格の人であれ、どんな経歴や学歴であれ…

人から見られている部分がすべてなのです!

特に「モテる」という部分に特化した場合、第一印象でその80~90%は決まってしまいます。

最初の印象で、どこまで好印象にできるか?逆に言えば、悪い印象を与えないようにするには?

を極めることです!

そう考えれば、外見(清潔感)は特に重要なポイントかもしれませんね!

自分は変わる!というモチベーション

どうせ変わるなら…

今日だけ…今月だけ…という短いスパンではなく、『これからの生きる指針』くらいの意識改革を持ってください。

そして、これは今日から明日から…スグに行動に移すことに意味があります。

その行動力をあなたにも持ってもらいたいのです!

それがモテるための第一歩であり、その一歩を踏み出せないなら、この「道」は絶対に開けません!

体型・体重が気になるなら、体作りを!
薄毛・ハゲが気になるなら、薄毛対策を!
自分がダサいと思うなら、ファッション改革を!

 

当サイト「美デキ男子」にも様々な対策が掲載されていますので、スグに実践してみてください。

もう一度言わせてください。

あなたは必ず変わることができます!

まとめ

いろいろと上から物を言われてムッとされている方も多いかもしれませんね。

個人的な表現も多かったので、誤解を招いた部分もあるかもしれません。

諸々、不愉快な思いをさせてしまったのであれば…申し訳ございません。

しかし、今回トータルして言いたいことは最後に紹介した…

あなたは必ず変わることができる!

あなたにもきっと素敵な彼女ができる!

ということ。

今、あなた自身が20点でも、3点でも…50点でも70点でも…

スグに100点に近づくことは可能です!あなたの意識とモチベーションが継続・持続すれば…。

他にも「モテるための方法」程度なら、インターネットで検索すればスグに出てきます。

しかし、その根本は「人から見た自分」です!

なかなかこういった観点からに記事にしているサイトがあまりなかったので、私の経験を踏まえて今回このような記事を書く決意に至りました。

少しでもこの記事があなたのお役に立っていただければ幸いです。